ナンパ ブログ

意識高い系JK連れ出し

アミューです。





ジャルジャルのお気に入りのネタを見て
おふざけマインドを強化し、渋谷にナンパへ。


13:30から、アプローチを開始。

土曜日なので、人が多い。

すぐにターゲット女性が見つかると思ったが
思ったより、見つからない。

文化村通りを行ったり来たりし、ターゲット
女性を探した。

文化村通りは、たまに超絶美女が出現
するので個人的に気に入っている。


しばらく、アプローチを続けるも、なかなか
いい反応がとれない。

しかし、地道にアプローチを続けていると
やはり、高反応の女の子に当たる。

文化村通り、109付近で、前から高身長の
黒皮ジャケットを着たS級美女が来たので、

アイコンタクトしたまま「おう、元気?」で
笑反応がでたので、畳かけようとがんばるも
この後バイトがあるからと逃げられる。


その後、反応いまいちが続いたが

ピンクレースタイトスカートのキレイめ
おねーさんから反応をとる。

タイトスカートを褒め、カーテンでしょで
落とす、マッチポンプ式のアプローチで
笑いを引き出し、5分だけの時間提示で
少し強引にフルーツパーラーに連れ出せた
と思ったが、そこが混んでいて、違うカフェ
に行こうと思ったが、断りになった。

平日と違い、土曜はカフェが混んでいると
いうデメリットを感じた。

くそーー。

今後は、予めすいてそうなカフェを観察
しておくのと、混んでいても、すかさず
次のカフェの提示をあたり前感マックスで
いこうと思う。


その後も、反応はとれるも、低反応が
多く、そこから会話展開をうなく繋げる
ことができず、苦戦した。

地道にアプローチしていればなんとかなる
という気持ちでアプローチを続け、32人目で
連れ出し成功。


といっても、JKだった。


最初、どうしようかなと思ったが、JKとの
トークも楽しいかなというのと、美女との
会話経験を積みたく、対峙することにした。


アプローチ場所は、ヤマダ電機前で
信号待ちをしているところを、厚底サンダル
を共有スペースとして声かけし、思ったより
あっさりオファー成立になった。


女の子アプローチ前観察イメージ
・身長160後半
・10cmくらいの厚底サンダル
・黒オールインワン×白レースシャツ
・黒キャップ


実録分析(連れ出し成功パターン記録)


アミュー「ねえ、ねえ」

女の子こっちを見てくる

アミュー「めっちゃ高いねこれね」
厚底サンダルを指し

JK「ふふ」

アミュー「ビックリしちゃって」

アミュー「でも、かわいいね、これね。
気に入ってるけっこう?」

女の子頷く。

アミュー「身長何cmくらいすかこれ。
もう、見上げちゃいますよ」

ヒールがプラスで180cm近くはあったので
オレの身長162cmと比べるとかなりの身長
差だった 笑。

JK「笑笑笑」

アミュー「え、なんか、どこ向かってん
すか?」


JK「ぜんぜん」

アミュー「暇?」

JK「暇」

アミュー「1個いっていいすか、オレも
超暇で、あの辺で秋服買ってたんすけど。
やることなっくなっちゃって」

H&Mを指し、状況開示。

アミュー「軽くオレンジジュース飲み
行かない?」

テストオファー。
断り前提で聞いてみたがオファー成立に
なった 笑。

JK「。。。」

アミュー「オレンジジュース」

JK「オッケー」アミュー「軽くいきましょうよ」

アミュー「いいの」

JK「ドトール、ドトール」

アミュー「ドトール行きます?」

アミュー「オッケーって、何してる人?
大学生?」


JK「えー、高校生。笑笑笑」

アミュー「言ってよ笑、まあいいや別に
軽くいこう」


JK「笑笑笑笑」

アミュー「知っててわざとだろ、この
ヤロー笑笑」

ユニークすり替え。

連れ出し成功要因

・雰囲気で合格点だった(おそらく)
・身長が小さいのを自虐に堂々とアプローチ
 したのが、ステータスアップになったから
・人当たりがいいキャラだったから


すぐついてくる女は病的なのが多いというが
この子は、拒食症体質だった。

といっても、ガリガリ感はなく、肌のハリも
よく、キレイな感じで美意識が高く、JKの
域を越えていた。


対峙会話では、まず、スマホカバーが
特徴的だったので、そこの共有スペースから
会話を始め、厚底サンダルをネタに会話を
進めた。

小顔矯正やネイルなどにお金をかけていて
美意識がかなり高い女の子だった。

バイトをしていないといっているわりには
バックも高そうだし、家がボンボンなのかと
聞くと、そうではなく、貢いでくれる28歳の
男がいるという。

彼氏は別にいて、25歳の土方の男と言って
いた。

貢がしていることに対してはあれこれ言わず
場を和ますことに意識を向けた。

ある程度和み、30分くらい話し、退店。


小顔矯正に30分後くらいに行くといって
いたので、「卓球でも行くか」というと
「卓球行きたい」ということで、バグース
に向かった。


バグースに着くと、卓球台が空いてなかった
ので、ビリヤードをやることに。

ビリヤードをやったことないということで
軽く教えたりして、盛り上がり、距離感が
縮まった。

ビリヤード中に小顔矯正の時間が近づいて
きたが、キャンセルさせた。


その後、卓球台が空いたので、卓球をやると
女の子は卓球が好きらしく、上手でより
盛り上がった。

プレイ中は、さすがに厚底を脱いだが、
脱ぐと身長168cmではあるが、小さく見えて
やっぱ高校生だなという感じでかわいかった 笑。


卓球が終わり、「どうっすっかーー」
ということで、居酒屋で軽く食事を
することに。

居酒屋では、彼氏や貢いでくれる男の話し
などを中心に和んだ。


貢ぎ男の話しを深く聞いて行くと女の子が
言わないのに男が勝手に物を買ってくれる
と言っていた。

この男からすれば、物さえあげ続けていれば
そのうち、この女の子と男女の関係になれる
と思っているのだろう。

なんとも哀れだと思った。


女の子に「そんだけ貰ってんだから1回
くらいやらしてあげれば」というと、
「嫌だ嫌だ、無理、無理」といった
かなりの拒絶反応だった。

貢ぎ男の話しを聞くと、手も繋いでこなければ
キスもしてこないらしく、この子が喜んで
くれればそれでいいらしい。


それを聞いて、オレは心の中で

「なわけあるかー!」と思った。


そもそも、物をあげても、この子は喜んで
いない。

それより、楽しい時間を求めている。

カフェでのアホな会話、ビリヤードや
卓球での盛り上がりから、それを感じた。

もちろん、その場代にお金はかかるが
貢いでいる男のように、高級な物などに
お金を使わなくても、楽しい時間を提供
することで女の子の感情を満たしてあげる
ことができる。

貢ぎ男は、何十万とお金を貢ぐのに対して
オレは数千円の食事代とエンターテイメント
代だけで、この女の子の感情を満たすことが
できた。


どんなに高級な物をあげ続けても、女の子の
感情を満たすことはできない。

と、体験として学んだ。


この子は、低身長の男でもそれほど
気にならないらしく、楽しければいい
という感じだった。

この女の子のおかげで、低身長コンプレックス
がよりなくなったので感謝したい。

かわいい女の子の方が、男のルックスを
あまり気にしないというのをあらためて
感じた。


居酒屋で和み退店した後、手繫ぎだけでも
するかと思い、反応を見てみるも、拒否は
一切なく成功。


といっても、17歳。

オレの年齢、36歳。

10歳若ければ、躊躇なく、ホテル打診だ。


手繫ぎしたら、無性にホテルに行きたくなった。

いい女だから、あたり前だよな。

でも、JKだと一戦を越えられない。

悔しいー。


手を繋いだまま、

「ラブなんちゃらいけんしなー笑」といいな
がら、駅に向かう。


LINEは居酒屋で交換しておいたので
駅に着いたら、また気が向いたら遊ぼうと
いいバイバイした。


その時、オレのチ●コの汁が
半端なかった。。笑


その後、30分後くらいに

「また遊ぼう」的なLINEが入ってきて
食いつきが高かった。

次会えれば、クロージングできる感触は
あるが、JDまで見送りかな。

というより、それまで関係が続いていれば
の話しか。


本日は私のブログを見ていただき
ありがとうございました。

アミュー
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

================================
今回の結果

ナンパ時間→13:30-20:00
声かけ→32
ガンシカ→12
反応有り→12
笑反応→5
会話成立→8
反応率→62%
笑反応率→15%
連れ出し→1
LINEゲット→1
================================
記事に関してのご意見、ご感想などが
ありましたら、ブログの『ご意見・ご感想』
フォームから、お気楽にご連絡ください。

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 35歳から超絶美女をゲットするためのナンパブログ All Rights Reserved.