ナンパ ブログ

笑反応をとればその後の会話が楽に続く

アモンです。

新宿に来てます。

会話が続かん、、、

ここが俺のいまの壁。

どういうふうに笑わせて、どういうふうに
会話を盛り上げていけばいいのか。

声かけに関しては、心理的な壁がないので
スムーズにいけるようになり、楽しくは
なってきたが、会話が続かんと思うと
足がとまってしまったりする。

とにかく実践だーと思い会話を続けるも
2、3個のフレーズに終わってしまったり
する。

なんらかの反応をとった場合は、相手が
断るというより、そこから自分で会話を
盛り上げていくことができなく、断念
してしまう。

せっかく、あまり緊張しなくなったのに
この壁を乗り越えなければ、お互いに
楽しい時間を過ごすことはできないし
最高の●ックスをすることもできん。

ちきしょー。

ロストアプローチでアプローチを
することが今まで多く、何人かの
女の子から笑反応をとり、会話を
続けていくことはできた。

が、ロストアプローチで笑う子もいれば
笑わない子もいる。

反応さえとれば、そこから会話を盛り上げ
ていくことができる人もいると思うが
俺はそれができん。

そこで少し悩んだが、自分の実録を聴いて
たら、2つのことに気がついた。

1つ目は、アプローチの初期の段階で
笑反応がとれない場合は、いくら
質問しても、相手は反応をしない。

質問に関しても、1つがダメなら、次の
質問のように、何個も質問をして尋問の
ようにもなっている。

2つ目は、笑反応や相手の反応するネタを
イジるとそこから和むことができ、その
後、質問をしても、返してくれて、会話が
続いていくのを感じ取れた。

その実録。



交差点で信号待ちのスーツ姿の(足が綺麗
で細い)OL。←ここは外せん 笑。

お疲れさまです、仕事帰りすか?
・・・
残業してくたくたみたいな感じですか?
・・・
寒くないですか、今日?
・・・

ここまで、質問に対して反応なし。
ここから、クリアなバッグに人形が
見えたので、そこをイジってみた。

なんか、お人形さんが入ってますね。
なに人形ですか、それ?
ポケモンです。
あ、ポケモン。
ポケモンGOとかやっちゃってる人?
いや、やんないです。
やんないですか 笑。
そういうんじゃないです 笑。
女の子ってお人形好きだよね。
これちなみになんすか?

携帯らしきカバーがキャラクターっぽ
かったので、そこをイジってみた。

携帯?これなにキャラ?
ポケモンにでてくるやつです。
じゃあ、ポケモン大好きっ子なんだ。
そうです。
どうしたらそんなに好きになれるんですか
ポケモン。
昔から好きなんです。
あ、本当すか。
じゃあ、ゲームもやっちゃう感じ?
ゲームはやらないです。

さっき、ポケモンGOはやらないと言って
いたのに、再度同じような質問をする
アホな俺。 笑。

集めているかんじです。
なんか、集めるの好きだよね、女の子って。
集めるとワクワクするみたいな。
まあ、自己満です、笑。

ここから、普通の質問をしても、普通に
答えてくれた。

いつもこの時間まで仕事なんですか。
まあ、そうですね。始まりが遅いんで。
普通のOLさんですよね。
そうですね。
それ以外になにがあるんだって
感じですけど。

はい。
なんか、理不尽な上司とかいないですか?
いないですね。みんな仲良しです。
まじで。笑笑
楽しそうだもんね、なんかね。

この子の感じが、明るそうだったので。

上着のポッケにカラーペンやボールペンを
何本も入れていたので、そこをイジって
みた。

なんか、そのペンがすげーきになる。
めちゃくちゃ、入ってるからさ。笑笑。
仕事で使うんです。
あ、そうなんだ。
仕事中なの?
え、もう終わりで。
まじで。
これから飲み会いきます。
何時くらいから?
もうすぐです。
うっそ。
会社につきました
ちょこっとだけカフェいこうよ。
いや、無理です。
じゃあね。

さすがにここでオファーは無理だろうと
俺自身思った。

この実録を振り返って感じたのは
笑反応を早い段階でとってしまえば
その後は質問攻めのようなへんてこな
トークでも会話を続けていくことが
できると思った。

といっても、俺の場合、

質問→答え→質問

パターンが多く、答えた後に、捻りも
なければ、ボケもなにもないから
つまらないんだ、と感じた。

まあ、そこができないから悩んでるんだ
けどね。

反応率を上げ、そこから笑いにもって
いくにはロストアプローチだけでは
限界があると感じている。

1人1人にあったアプローチ方法を
柔軟に考えることができれば、もはや
「鬼に金棒」なのかもしれん。

俺の場合、会話を続けていくには
いまのところ、

「ターゲットが笑ってしまう」
もしくは
「話したくなってしまう何か」

この2つがアプローチの初期段階で
わかれば、その後の会話をスムーズに
運びやすくなると感じている。

なので、次回からは、
ターゲットの周りにある物、
ターゲットの持ち物、
ターゲットの動き、
などを観察して、
相手を笑わすところまでをイメージして
からアプローチをする。

といっても、笑わすところまでを
考えられないのが、いまの現状なので

次回のナンパは、現場に行ってターゲット
を見つけたら、笑わすところまで考える
ことができなければ、声かけはやめようと
も考えている。

笑反応をとるための思考とイメージ
トレーニングをしようと思う。

本日は私のブログを見ていただき
ありがとうございました。

アモン
================================
今回の結果

ナンパ時間→19:50-21:50
声かけ→18人
反応あり→6人
笑反応→2人
無視→10人
無視崩し→0人
連れ出し→0人
番号、LINEゲット→0人
================================
記事に関してのご感想やアドバイスなどが
ありましたら、ブログの『ご意見・ご感想』
または、ブログのコメントフォームより
いただけると、うれしいです。

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 35歳から超絶美女をゲットするためのナンパブログ All Rights Reserved.