ナンパ ブログ

ガンシカ「7人」。。が、その後、、

アモンです。

仕事で疲れたので、そのまま家に帰宅
したが、着替えて渋谷でナンパへ。

文化村通りやセンター街を通るも
しばらく歩き地蔵。

今回は『かまぼこ』をアイテムに
声かけ 笑。

kamaboko.jpg

無視、ガンシカが続く。。

途中で「ふざけんなクソ女!」と心の中で
叫ぶオレ。

女のせいにするという非常に男として器が
小さいマインドになってしまうことも
あった。

まだまだ未熟だなと感じるも、とにかく
あまり時間がなかったので、20人声かけを
目標にアプローチを続けた。

夜は寒かったので、21:00過ぎには駅構内
で声かけ。

ガンシカ用の切り返しフレーズを活用
するも、ガンシカ。

と、そんなとき。

マー●シティのお店案内の看板を見ている
スーツ姿で足が細くキレイな女性がいたの
で、看板のお店を共有スペースに活用。

適当な店を指差し声かけ。

ここいきたいでしょ?

笑笑。

といきなりの笑反応。

いきたい店あててあげるよ。

、、

ここでしょ?

たまたま当たった。

「すげー外すからオレ」と落ちをつけようと
思ったが当たってしまった。

その後は、バックに小物がついていたので
そこをイジッた。

なにやら、手にいい臭いを出すために
ジェルを手につけるもの。

「ちょうだい」などのすり替えや実際に
手につけて試してみたところ、そこそこ
いい臭いがした。

その後はわりかしスムーズに店まで
連れ出しができた。

スープカフェだったので、店内は
1人も男がいなかった。

手前の客をまっている途中、メニューが
壁に貼ってあったので、そのメニューを共有。

先払いで会計のところで、相手の飲みたい
ものを聞いて、さりげなく払ってあげた。

席は対面の席へ。

横並びもあったが、スタバのように
前にも人がいて落ち着かんと思い、
対面の席を選んだ。

メニューをオレがテーブルに置くなり
セルフの水をその子がもってきてくれた。

「おやさしいんですね」と軽く褒め、
お父さん、お母さんもそんな感じ?
と家族会話へ。

いきなり家族会話は?と思ったが。

流れとその子の雰囲気でいけそうな
気がしたので、序盤から家族会話で
会話展開。

おもろかったのが、この女性の職業。

婚活パーティの運営スタッフと違う
バイトと、計2つのバイトをやっていて
忙しいけど、楽しいといっていた。

この段階で、彼氏がいるていでの会話。

彼氏おいてきぼりじゃない?

彼氏いないです。

いま忙しいし、彼氏いらないです。
(まあ、ウソだろうな)

ある程度会話が和んできたところで

時間も遅いんで、あまり遅くなると
という理由で店をでた。

22:00過ぎだったが、もう少し歩こうと
いったところ、ついてきたが、単位が
足りてないらしく、明日の授業を落とすと
留年らしい。

強引にホテル連れていこうとも思ったが
いけたとしても、間違いなくお互い、
終電がなくなるということで、ラインだけ
きいて放流。

ライン交換したときの雰囲気は悪くなか
たが、死番になる可能性もなきにしも
あるず。

S級クラスの美女まではいかないが
十分にかわいく、なによりも性格がいいの
で、ラインアプローチを工夫し、準即を
狙っていく。

今回、仕事の疲れとガンシカが続いたのも
あったが、とりあえず行動を続けたことで
「連れ出し」という結果を出せたことは
うれしかった。

本日は私のブログを見ていただき
ありがとうございました。

アモン
================================
今回の結果

ナンパ時間→20:30-22:00
声かけ→13
反応あり→2
笑反応→1
無視→3
ガンシカ→7
連れ出し→1
番号、LINEゲット→1
================================
記事に関してのご感想やアドバイスなどが
ありましたら、ブログの『ご意見・ご感想』
または、ブログのコメントフォームより
いただけると、うれしいです。

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 35歳から超絶美女をゲットするためのナンパブログ All Rights Reserved.