ナンパ ブログ

「アプローチの型」を模索

アモンです。

オ●ニーしてしまった。。

オナ禁した状態からオ●ニーすると
エネルギーが下がるのがわかる。

仕事やナンパの活力、やる気が下がる。

そして、運気も。

頭でわかっているのにやってしまった。

が、またオナ禁の習慣をスタートする。

とまあ、オナ禁の話はここまでで
仕事が休みなので新宿へナンパへ。

ここ最近、ナンパの成功率を上げるために
『アプローチの型』を身につけていく必要
があると感じている。

『アプローチの型』の重要性は知っていた
が、軽視していた。

が、実践を通して、ガンシカが多かったり
『連れ出し率』が悪いのは確実にアプローチ
の質の悪さ。

成功率を上げるためには、悪いクセが
つく前に成功率が高いアプローチの型を
作っていく必要がある。

これまで、様々な声かけフレーズや
アプローチを試したが、上手くいくときと
いかないときがあり、結果が安定しない。

且つ、ガンシカが増える。

ということで、今回はロストアプローチだ
けに絞り、声かけフレーズも一定で、1日
やり続けた。

岡田尚也さんもアプローチ時の声かけ
フレーズは常に一定。

それなのに、ナンパスキルがないオレが
毎回変えていてはうまくいくわけがない。

そして、ナンパスタイルは待機系にした。

これは、声をかける場所、連れ出す場所
も型にはめようと考えたから。

気づいたのが、待機系も歩きながらも
それほど、ターゲットの遭遇率はそれ程
変わらない感じがした。

一定のアプローチ、声かけフレーズにした
結果、会話継続率が上がった。

が、ネタ系アプローチは堂々とやっても
うけない人にはうけない。

うけなくても、動じずにアプローチは
していくが、やはりその後の展開を
続けて行くのが難しい。

ここに関しては、訓練が必要だと思う。

ただ、1日待機系、ロストアプローチを
していたらおもしろくなかった。

歩きながらの方がオレに向いているのかな。

どのアプローチがオレに向いているのか
悩みどころ。

明日は、歩きながらのナンパスタイルで
ドロップとフロントアプローチを1日
試していく。

その時の声かけフレーズも『一定』にし
型をつくる方向で活動していく。

そして、ドロップ、フロントアプローチの
反応別の対応の仕方も事前に用意して
臨むようにする。

ここ最近感じたのが、ドロップもロスト
アプローチでも十分ナンパは上手くいく。

もう古いという人も中にはいると思うが。

岡田尚也さんは現在でも、ドロップ、
ロストアプローチで成功し続けている。

ただたんに、それを使うプレイヤーが、
そのアプローチのマインドややり方を
完全にモデリングできていないからだと
思う。

オレもその中の1人だ。

ちょっとやっただけで上手くいかない
といっている自分が情けない。

モデリングするには、すべてやらないと
いけないのだろう、きっと。

マインドから、やり方、声のトーン、
スピード、タイミング、フレーズ、目線、
ポジション

どれか1つでも中途半端だと反応率は
おそらく下がるのだろう。

なので、今回は事前に声に出してTAVの
実録を繰り返し練習して現場へ出た。

頭で覚えたことは忘れるが、体で覚えた
ことは忘れないという原理を活用してみた。

営業でもロープレというものがあり
声に出して練習する方がいいというが
ナンパで改めてこの重要性に気づかされた。

といっても、そう簡単には上手くいかない。

だが、声に出して訓練するというのは
これからも続けていきたいと思う。

本日は私のブログを見ていただき
ありがとうございました。

アモン
================================
今回の結果

ナンパ時間→12:40-21:45
声かけ→100
反応有り→35
ガンシカ→45
笑反応→5
会話継続→20
連れ出し→0
番号、LINEゲット→0
================================
記事に関してのご感想やアドバイスなどが
ありましたら、ブログの『ご意見・ご感想』
または、ブログのコメントフォームより
いただけると、うれしいです。

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 35歳から超絶美女をゲットするためのナンパブログ All Rights Reserved.